戻る

21世紀サバイバル・バイブル―自然災害から犯罪まで、危機を生き延びる秘策と心構え

21世紀サバイバル・バイブル―自然災害から犯罪まで、危機を生き延びる秘策と心構え

人気ランキング : 246187位
定価 : \1,575
販売元 : 小学館
発売日 : 2000/12/01

価格 商品名 納期
\1,575 21世紀サバイバル・バイブル―自然災害から犯罪まで、危機を生き延びる秘策と心構え 通常24時間以内に発送

おもしろい!

「護身用の銃器は拳銃か散弾銃がよい。買ったら月に2回は必ず練習すること。拳銃を持った相手に対したら先手必勝だ。自分を物陰に置き落ち着いて身体の中心部に弾丸をブチ込もう」とか「路上を歩いていて核爆発が起こったら、迷うことなく目を背け、同時に遮蔽物の陰へと転がり込もう」など、「あのー、ここ日本なんですけど…」と思わず突っ込みを入れたくなるような楽しい本です。でも「(都市部の)大地震では暴動や略奪が起こり得るから武器を用意すべきだ」など、読み終わってみると結構役に立つ知識が身に付いちゃったかも知れません。また世界情勢が変わってきているので、続編も期待したいです。

21世紀の必読本だ!

 自分の身は自分で守る!この夏もすでに台風による災害や河川での事故が相次いだ。また、地震による災害、少年犯罪もあり、危機管理の大切さを思い知らされた年になるのではないだろうか。この本を読んでから私は防犯および防災対策に大きな関心を持つことができた。備えを万全にし、自分を含めた家族はもちろん、教育現場で働く私は子供たちの安全にも責任ある行動を取れるようにしたいと考えさせられた。

すばらしい!! 予言的中

227ページを見よ。
9/11米国同時多発テロ事件が、まるで見てきたかの様に予言されている。
この本が書かれたのは、事件の9ヶ月も前の事だ。
洞察力の鋭さに驚いてしまう。

アメリカ・ニューヨーク同時テロの後にこれを読むと、『何か準備をしなければ…』と考えて

『アメリカ・ニューヨーク同時テロ』が起こってから、本棚から、この本を取り出しました………。
当時、東京都内に住んでいたときに、「地震があったら…」と考えて、購入したのです。
大都市に住んでいる人はもちろん、何を用意したらいいか分からない人も、是非、購入してほしいと思います。
『買って損はしない本』のひとつです。

ちなみに、私は、いまロサンゼルスに住んでいる妹夫婦へ送りました。

驚愕!!米国同時多発テロ・NYの悲劇を予言した本

本書のおすすめ度を言葉で表現すると、ドロ縄でもいいから、いま最優先で読んでおくべき一冊。となるだろうか。

天災から事故、テロ、そして戦争までさまざまな場面での生存率を1%でも高めるために自分でできる術が、ここに書かれている。数々の戦火に遭遇した経験のある著者が示す「必要装備」や「最善の行動」とは、正直いって、日常の生活では度を過ぎた感も否めない。が、2001年9月現在、それは強ち大げさとは言い難い状況がせまってきた。そして何より彼の経験と優れた洞察力に基づいて警告される、現代世界の危機・社会情勢のゆがみは、驚くほど的をえている。半信半疑で読んでもらっても構わない。私もその一人だ。あなたが死の恐怖に直面したとき、ふっと思い出して、あと1%生き残る可能!性を手にしてくれたらそれでいい。

台風、高潮、強風、豪雨、洪水、土砂崩れ、落石、地震、噴火、竜巻、雪崩、熊、毒蛇、猿、野犬、猪、マラリア、エイズ、エヴォラ出血熱、肝炎、結核、コレラ、ペスト、火災、航空機事故、ハイジャック、鉄道事故、交通事故、海難事故、シージャック、通り魔、スリ、暴漢、引ったくり、空き巣、強盗、誘拐、拉致、ストーカー、銃撃戦、カード詐欺、詐欺商法、金銭トラブル、ネット詐欺、ハッカー、医療事故、各種テロ、クーデター、暴動、内戦、核・生物・化学兵器攻撃などに対処できる究極の一冊!! 以上の危機からこの本を読めば生還できる。
このページのトップに戻る