戻る

獅子たる一日を

獅子たる一日を

人気ランキング : 825928位
定価 : \860
販売元 : 角川春樹事務所
発売日 : 1998/10/01

価格 商品名 納期
\0 獅子たる一日を

おそらく

この著者の一番の小説はこれではなかろうかと私は思っている。100数十冊に上るこの著者の本の大半を読んできたが、一番面白かったのがこの小説だ。舞台は日本から世界へとダイナミックに動くのだが、著者の本でしばしば感じる稚拙さを、この小説では感じなかった。たまには当たるということか。いまいち代表作とはなっていない所が残念だ。

大坂夏の陣で敗北を喫した豊臣方の武士・田坂重勝。彼は、落ち武者狩りの追手から逃れ、九州・長崎に至った。それも束の間、徳川方の追手を惨殺し、また逃げ場を探さなければならなくなり、新天地呂栄に渡ることを決意する。重勝の天性の商才は、やがて彼を成功への道に導いていくのだが・・。大きな夢を掴むため、波濤を突き進む男の波乱の生涯を描く、海洋冒険小説の傑作!
このページのトップに戻る