戻る

アルデンヌの古城

アルデンヌの古城

人気ランキング : 418486位
定価 : \880
販売元 : 実業之日本社
発売日 : 2005/10/19

価格 商品名 納期
\880 アルデンヌの古城 通常3〜5週間以内に発送

サバイバル、戦闘の模様は、迫力ありました

天才的な狙撃手の日本人スパイナーが主人公。ヨーロッパの各地を舞台に、テロリストとの戦いを描きます。前半は、逃げるテロリストを追いながら、狙撃や情報戦、テロリストの陰謀やその背後にいる人物を追いかけていきます。後半は、アルデンヌの森を舞台に、テロリスト軍団VS主人公の激戦が描かれています。森を舞台にしたサバイバル、戦闘の模様は、一瞬、一瞬に迫力をかんじました。

また、対テロリストの諜報戦の様子、テロリスト組織の様子など興味深い部分が多かったです。

マンネリの中にも新しさが!!

著者の小説はどれもこれもよく似ていて読んだ側から記憶が混同してしまうのだが、私は昨夜読了したばかりなので、まだ比較的記憶は定かである。チベット独立のためのテロリストの女性をとりあえず体で虜にした上で協力者とするのだが、最後は彼女の裏切りが明らかになる。ラストシーンはこれまでの柘植作品にはない余韻?が残る。「絨毯」の使い道を「敷物」という短絡的発想でしか理解できないような者は、いまだこの作品を理解するレベルに達していないのではなかろうか?

狙撃の腕を見込まれて、暗殺者として雇われた日本人青年。今回の標的は、ベルギーの古城でひそかに爆弾を製造しているテロリスト─。
このページのトップに戻る