戻る

ウイグルの叛乱

ウイグルの叛乱

人気ランキング : 257018位
定価 : \880
販売元 : 実業之日本社
発売日 : 2006/11/29

価格 商品名 納期
\880 ウイグルの叛乱 通常24時間以内に発送

具体的な描写が非常に面白い

柘植作品ならではの、フィールドワークを活かした風景などの描写が非常に優れていると思います。隣国の問題点も浮き彫りとなっており、これらを踏まえてアクションを盛りこんだストーリーが抜群です。

意表を突かれました

今回の主人公は、ふとしたことからテロリストにくみするが、自分の中国に対する考え方や、少数民族への虐待とも言うべき様子に共感し、自ら飛び込むのが新鮮だった。
一見華やか(と私は思っていた)北京オリンピック等のイベント、中国の近代化政策を知ってはいたが、中国で何がおこっているのか、また国民や他の国に対する被害が筆者の取材によるものだとしたら・・・隣国の事だけに、日本への様々な影響も考えさせられた。
展開は、極めてスピーディ。戦闘シーンや準備などは、昔から柘植氏の本を読んでいるものにとっては陳腐なものに感じられるが、これが「柘植流」と考えれば納得できる。
また、中国の歴史や古銭に興味が有る方は、また別な面白さがあると思う。

作家の彦坂和彦は、太平天国の乱をテーマにした作品を執筆するため中国へ取材旅行に出かけた。上海で新彊省出身の若い女性と知り合い、一緒に南京へ行くことになる。彼女は、北京政府からの分離独立を求めるテロリスト・グループの活動家だった。共感した彦坂は、彼女たちの計画に協力する約束をする。なんとその計画とは、2008年の北京オリンピックを中止させるべくメインスタジアムを爆破する、というものだった。公安の追跡を逃れながら、いよいよ実行の日が近づく―。
このページのトップに戻る