戻る

スナイパー―危険地帯

スナイパー―危険地帯

人気ランキング : 374870位
定価 : \680
販売元 : 角川春樹事務所
発売日 : 2003/05/01

価格 商品名 納期
\680 スナイパー―危険地帯 通常4日間以内に発送

20ミリ狙撃銃の威力はすごい!

スナイパーの登場から依頼を受ける経緯、そして訓練、出撃、待ち伏せ、戦闘、引き上げと話の筋はわかりやすく展開してゆくので一気に読破できます。
20ミリ狙撃銃の威力についてはよくわかります(おどろく!)。全体的に登場人物もわかりやすく、だれもが知っている実在の人物の名も登場してきますので親近感がでます。
ただ、気になるのが主人公の名前です。これはいただけません。
チームの仲間の描写・ヘリや装甲車の描写を詳細にしたほうがもっと切迫感・危機感・迫力が出たのではないかと思います。

トライバル・エリア―パキスタンが独立する際、アフガニスタンとの国境を定める作業のさなか、緩衝地帯としておかれたエリア―での作戦に失敗したアメリカの特殊部隊。国防長官は、地獄谷の所属する民間軍事会社のSPQR社への依頼を決めた。主武器の二〇ミリ狙撃銃アエロテクNTW‐20を手に、ふたたびアフガンへ潜入する地獄谷たち。過酷な条件の中で果たして作戦を成功させることはできるのか?圧倒的な迫力で描く、書き下ろし国際冒険小説。
このページのトップに戻る